スタッフブログ

妊活と亜鉛の話

2018年05月2日

こんにちは
茨城妊活はり灸治療院assistです。
今回は、「妊活と亜鉛」について書きたいとおもいます。

亜鉛は身体にとってどんな働きをすると思いますか?

亜鉛の主な働き

・女性ホルモンの作用を高める
・鉄同様、粘膜をつくる材料になりふかふかの子宮内膜のベッドを作ってくれて受精卵が床しやすくなる
・妊娠後は赤ちゃんにとって居心地の良い環境を整えてくれる
・ママが亜鉛欠乏だと、赤ちゃんも亜鉛欠乏になり低体重、低身長、皮膚が弱くなるといった影響がでる事がある
・細胞の新生に関わる酵素の成分となる
・生殖機能を向上させる
・精子にも多く含まれているため、不足すると精子形成阻害、精力減退、男性不妊になる
・精子数の減少を招く
・DNAやタンパクを合成する
・300種類の酵素へ作用する
・脱毛を予防する
・味覚を正常に保つ
他にも色々と関わってきます。

※このように様々な働きがあるため女性男性共にとって欲しいミネラル栄養素です。

亜鉛は鉄に次いで体内量が2番目に多いミネラルが亜鉛です。タンパク質などの高分子と結合する形で全身に分布しており、多くの酵素の成分となります。

このような方は要注意!

なかなかご自身で亜鉛不足かどうか判断するには難しいですよね…。
この様な方は要注意です。

・鉄不足の方は要注意です。なぜなら、鉄に含有する食品と亜鉛に含有する食品が似てるので鉄不足の方は亜鉛不足も疑った方が良いです。

・加工食品や冷凍食品が多い食生活の方は亜鉛の含有量が低いので要注意です。

・亜鉛欠乏は味覚障害を招くので、食べ物の味がよくわからなかったり、濃い味付けのものを好んだりしたら要注意です。

・脱毛、頭皮のフケ、皮膚のかさつき、アトピー性皮膚炎、爪に斑点模様がある方は要注意です。

・炭水化物(米・パン・麺類)、お菓子、糖質が好きでたくさん食べる方は要注意です。

・お仕事が忙しい方、体が疲れている方、ストレスを感じる事が多い方は要注意です。

 

亜鉛は非常に大切なミネラルであり、精子形成や精子の運動と活性化にも関わっております、亜鉛欠乏はこれらに加え、意欲の低下や性欲の低下も起こります。
女性に関しては、亜鉛欠乏で子宮内膜の質の低下や銅の比率が上がることによる着床障害を起す事があります。

茨城妊活はり灸治療院assistでは、医療機関に御紹介して血液検査を受ける事も出来ますのでお気軽にお問い合わせください。

亜鉛を多く含む材料は?

牡蛎、牛肉、牛レバー、豚レバー、鶏レバー、ラム肉、ウナギ、卵、煮干し、イワシ、たらこ、焼き海苔、ごま、チーズ、アーモンドなど

なかなか普段の食事で亜鉛を補給するのは難しい方には積極的に質の良いサプリをオススメします。
当院で販売しているオーソサプリPro原材料から製造工程、吸収率までこだわってこだわりぬいたサプリになります。

吸収率を上げるには腸内環境を良くする事も大切になります。

便秘や下痢は無いですか?
胃もたれは無いですか?
冷えは無いですか?
お腹は硬く無いですか?
これら全て腸内環境に関係あります。

当院では、腸内環境を良くする為に、はり灸、ラジオ波、子宝整体、カッピングなどを行なっていきます。
腸内環境を良くする事、亜鉛欠乏を改善することで確実に妊娠力は上がります。

不妊治療で行う5つのアプローチ

今日食べた物が明日からの自分の体を作る

今日の行動が明日からの自分を変える

あとほんの少しの努力で妊娠する方がたくさんいます

当院では、龍ヶ崎市・つくば市・守谷市などから多数の患者様が治療を受けに来られています。

初回無料妊活鍼灸体験も行なっております。
気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

妊活と鉄の話

2018年04月15日

こんにちは
茨城妊活はり灸治療院assistです。
今回は、「妊活と鉄」について書きたいと思います。

鉄は身体にとってどんな働きをすると思いますか?

鉄の主な働き

・酸素を運搬する
・細胞への酸素の取り込みに関与する
・エネルギー産生に関与する
・造血に関与する
・全身の機能を高める

※女性は特に注意

鉄は体内のさまざまな場所にあり、そのうち7割が赤血球に含まれています。
日本では、成長期から成熟期の女性の1/3から1/2が潜在的鉄欠乏に陥っているとされています。
なぜなら、月経血による鉄の損失が大きいからです。
妊活の方にとって酸素欠乏は特に注意が必要です。
元々、卵巣や子宮は血液循環が悪い場所と言われており、鉄欠乏で赤血球が作られなかったり、デスクワークや冷え性、下肢の浮腫みなどで更に循環が悪ければ、卵子の質や受精卵が着床する子宮内の粘膜の厚みや質にも影響がでてきます。

イメージして下さい。
鉄が十分に足りていれば、子宮内膜は着床しやすいふかふかのベッドに、逆に鉄欠乏は子宮内膜の材料が足りず、硬くて薄くて寝心地の悪いベッドになってしまい受精卵が着床しづらいことになります。また亜鉛不足と銅の関係でも着床障害を起こします。(亜鉛の時に書きますね)

一般的な健康診断で測る血液検査はヘモグロビンや血液中の赤血球の割合を示すヘマトクリットなどの数値なので潜在的な鉄欠乏を見逃してしまいます。
鉄が消耗するときは、貯蔵鉄から減っていくので貯蔵鉄が不足していないかフェリチンの値を調べなければなりません。

茨城妊活はり灸治療院assistでは、今の血液の状態、身体の栄養状態を把握する為、ご希望の方には、ご紹介先の医療機関にて血液検査をして頂いております。(他の治療院、鍼灸院には無い事です)

鉄を含んだ食材は?

鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類あり

たんぱく質と結合しているヘム鉄と
たんぱく質と結合していない非ヘム鉄です。

吸収率が良いのはヘム鉄なので、ヘム鉄を含んだ食べ物をとると良いです。

鉄を多く含む食材

【ヘム鉄】(吸収率が非ヘム鉄の5〜10倍)

・牛レバー
・豚レバー
・鶏レバー
・牛の赤身肉
・豚肉
・鶏肉
・カツオ
・サバなど
たんぱく質、ビタミンB群、ビタミンCが十分にあることで、さらに吸収率が上がります。

【非ヘム鉄】

・ほうれん草
・小松菜
・ひじき
・豆腐
・大豆など

非ヘム鉄は単独では吸収されにくいので、吸収の促進を促すビタミンCと一緒とると良いです。
また吸収を阻害するタンニン(お茶やコーヒーなど)と一緒にとると吸収率はさらに下がるので注意です。

なかなか普段の食事で鉄を補給するのは難しい方には積極的にサプリをオススメします。
当院で販売しているオーソサプリPro原材料から製造工程、吸収率までこだわってこだわり抜いたサプリになります。

吸収率を上げるには腸内環境を良くする事も大切になります。

便秘や下痢は無いですか?
胃もたれは無いですか?
冷えは無いですか?
お腹は硬く無いですか?
これら全て腸内環境に関係あります。

当院では、腸内環境を良くする為に、はり灸、ラジオ波、子宝整体、カッピングなどを行なっていきます。
腸内環境を良くする事、鉄欠乏を改善することで確実に妊娠力は上がります。

不妊治療で行う5つのアプローチ

今日食べた物が明日からの自分の体を作る

今日の行動が明日からの自分を変える

あとほんの少しの努力で妊娠する方がたくさんいます

当院では、つくばみらい市・つくば市・守谷市などから多数の患者様が治療を受けに来られています。

初回無料妊活鍼灸体験も行なっております。
気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

腸内環境はとても大切です

2018年04月7日

こんにちは

茨城妊活はり灸治療院assistのホームページをご覧いただきありがとうございます。

今回は腸内環境のことについて書いたいと思います。

妊活にとって腸内環境はとても大切です。なぜなら食べた物を腸が栄養を吸収し、肝臓でタンパク質をしっかりと合成できなければ、身体に材料として貯まりません。
また、便が出なければ新たに栄養が入りにくくなるので便秘は解消しなければなりません。

タンパク質は皮膚、髪の毛、爪、骨、血液、ホルモン、血管、内臓にいたるまで私たちの体をつくってくれる材料になります。また、神経伝達物質のおおもとの材料になるので、精神の安定、ホルモンバランス、自律神経も整いやすくなり妊娠へ一歩近づきます。腸内環境は、お肌のトラブル、疲労、冷え、便秘、メンタルなど様々なことにも関わってきます。

先ずは栄養を吸収できる腸ににすることが大切です。

このような項目にあてはまりませんか?

・便秘や下痢がある
・皮膚のトラブルや湿疹が出やすい
・常に疲労感やストレスがある
・甘いものをよく食べる
・加工食品をよく食べる
・お腹を触ると冷えている
・食品アレルギーがある
・アルコールををよく飲む
・カフェインをよく飲む
・早食いの傾向がある

上の項目に引っかかる方は要注意です。
もしかしたら、栄養を吸収できない腸かもしれません。

何か良い方法はあるの?

はいもちろんあります。

当院では、栄養を吸収できない腸の方に対して、普段の食事カウンセリングを行っています。

腸を荒らす原因である、糖質過多や食品添加物、牛乳に含まれるカゼイン、小麦に含まれるグルテンなどを食べ過ぎてないかカウンセリングします。

実はご自分での判断はなかなか難しいです。

食べ過ぎているようなら、控えることをオススメし(引き算)、腸に効く栄養素があるのでそれらを積極的にとる(足し算)ことにより吸収できる腸に近づきます。
腸管に効く栄養素

・ビタミンA
・ビタミンB群
・ビタミンD
・亜鉛
・L-グルタミン
・食物繊維
・オリゴ糖
・発酵食品
・オメガ3系オイル

つくばみらい市茨城妊活はり灸治療院assist鍼灸イメージ

内蔵アプローチに対して5つのアプローチの1つでもある、鍼灸治療も効果があります。
東洋医学には、経穴というたくさんのツボがあります。その中に、胃や腸や肝臓のツボがあるのでツボに鍼をさし内蔵調整します。

内臓は自律神経支配(自分の意思でコントロール出来ない)ので自律神経の施術は必須なのです。

鍼は痛くないの?って心配されるかもしれませんが、安心して下さい。当院で使用する鍼は、こだわりがあり、刺しても痛みが出にくい鍼を使用しております。また鍼を刺す技術で痛みをだしません。

つくばみらい市茨城妊活はり灸治療院assistラジオ波イメージ

5つのアプローチの1つでもある、ラジオ波使用して内臓を温めて内臓機能を高めるアプローチも行なっております。

 

今日食べた物が明日からの自分の体を作る

今日の行動が明日からの自分を変える

あとほんの少しの努力で妊娠する方がたくさんいます

 

当院では、つくばみらい市・つくば市・守谷市、その他の市外・県外の患者様が治療を受けに来られています。

初回無料妊活鍼灸体験も行なっております。
気軽にお問い合わせください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

分子栄養学×オーソモレキュラー

2018年04月2日

こんにちは

茨城妊活はり灸治療院assistのブログをご覧頂きありがとうございまます。

今回は当院が治療の軸としている5つのアプローチの1つ分子栄養学×オーソモレキュラーをご紹介致します。

不妊治療で行う5つのアプローチ

 

オーソモレキュラーって何?

まだまだ一般には知られていないかもしれませんが、ビタミンやミネラルなどの栄養素を正しく取り入れることで、病気の予防や治療を行うもので、欧米を中心に発展してきました。
「現代医療における栄養の視点の欠落」を問題視し体内の栄養バランスの乱れが多くの病気や不調の原因であると考え、個々人の検査データをもとに、薬やホルモンの補充ではなく、栄養となる物質の材料を食事やサプリメントで補充し分子レベルで考える栄養学です。

インターネットなどでは、妊活には葉酸、ルイボスティー、無花果等々、色々でてきますが果たして今のご自分の身体にとって本当に必要な栄養素は何だと思いますか?

必要な栄養素は?

妊娠出産に至ってそれぞれ必要な栄養素があります。
足りてない栄養素は、お一人お一人違うため先ずはしっかりとカウンセリングが必要です。

当院ではまず問診時に30の栄養チェックをします。

・立ちくらみはないか?
・手足が冷えてないか?
・風邪はひきやすくないか?
・寝つきが悪かったり、眠りが浅くないか?
・お腹がすくとイライラしないか?

こなような項目を30質問し、これらは栄養素不足が関係します。

次に普段の食事内容をお聞きします。ご自分では身体に良いと思っている食事でも、実は良くなたったりする事が多々あります。

その他、舌の状態・浮腫みの状態・爪の状態など身体の状態を外側(体表)からも栄養状態がわかり、それらを把握した上でアドバイスさせていただいております。

ご希望の場合、LINE@で一週間の食事内容を写真でチェック(無料)したり
医療機関で血液検査にて栄養解析していただいてから栄養指導を行ったりもします。

 

今ある身体は、この世に生を受けてからの食べ物でできています。

そして、今日からの食べ物を変えると、未来の自分を変えることができます。

 

当院では、分子栄養×オーソモレキュラーのスペシャリスト、オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェショナル(ONP)の資格を持っています。
あとほんの少しの努力で妊娠する。そんな方がたくさんいらっしゃいます。

当院では、つくばみらい市・つくば市・守谷市、その他の市外・県外の患者様が治療を受けに来られています。

只今、子宝鍼灸無料体験を実施中です。
お気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。