男性不妊

   

こんなお悩みはありませんか?

  • 病院で精子の量や運動率が悪いと言われた
  • 精子の質を改善したい
  • 病院での不妊治療に抵抗がある
  • 勃起障害(ED)を改善したい
  • 夫婦で一緒に妊活を頑張りたい

①年齢が上がるにつれ精子の質が悪くなる。

②生殖機能が低下する可能性がある。

③一生子宝に恵まれない可能性がある。

④原因不明の精子無力症や乏精子症になる可能性がある。

 

漫画でわかる!男性不妊について|つくばみらい市茨城妊活はり灸治療院assist

不妊原因の半分は男性に!

ご存知の方も、そうでない方も不妊原因の半分は男性にあります。

WHO(1996年)では
男性のみ24%
夫婦両方24%
男性のみ+夫婦両方=48%

女性のみ41%
夫婦両方24%
女性のみ+夫婦両方=65%

原因不明11%

最近の研究では、精子も35歳くらいから加齢の影響が出始めとの報告です。

男性の加齢による変化は、精子を作る製造能力が衰えるだけではなく、精子の質の低下もしていきます。
精子の質の低下とは、精子の量運動率の低下だけではなくDNA損傷精子が増えることにあります。
元気な質の良い卵子と受精しても、それがDNA損傷精子だった場合、胚が育たない着床しない流産してしまうなどの要因になります。

加齢以外でも精子の質は低下します。このような方は要注意!

・慢性的に疲れている、朝起きても疲れがとれない

・普段よくため息をつく、疲れたが口癖

・お酒を良く飲む、たばこを吸っている

・普段の食事をコンビニ弁当や外食が多い

・休みの日は昼頃まで寝ている、運動をしない

・栄養ドリンクを良く飲む、お菓子好き

・頭痛、肩コリ、腰痛がある

・ストレスを感じる、イライラする事がよくある

・長風呂、サウナが大好き

・自転車、バイクに乗ることが多い

・ひざ上でノートパソコンをよく使う

・味覚が鈍い、頭皮にフケがある

これらにあてはまる方は要注意です。

ではどうすれば良いのでしょうか?